パン屋経営は稼げる?開業時の年収相場

パン屋経営は稼げる?開業時の年収相場 パン屋経営に対して儲かるというイメージをお持ちの方はあまりいらっしゃらないことでしょう。
そのイメージ通り、開業時の年収相場は平均350万円程と言われています。
もちろんこの数字はあくまで平均値に過ぎません。
店舗の規模や立地、営業時間によってもその収入は大きく異なってきます。
ただし、基本的にパン屋経営は激務です。
そう考えるとその収入が決して高いものではないことは間違いありません。
また、そもそもパン屋を開業するためには日々の業務を行うためのさまざまな設備をそろえる必要があります。
オーブンやパン生地をこねるミキサーはもちろんのこと、温度や湿度の調節に欠かすことができないホイロや冷蔵庫なども欠かせません。
新品と中古品をうまく組み合わせるなどの工夫をすることでその費用をある程度おさえることはできますが、必要な設備をそろえるだけでも相当な費用がかかります。
一方でその後も高い年収は見込める職業でないことは、知っておくべき事実と言えます。

パン屋の経営は意外にも厳しいといえる理由について

パン屋の経営は意外にも厳しいといえる理由について パンをこねたり焼いたりするのが好きでお客さんにおいしいパンを提供したいと思って、パン屋を開業したものの経営の厳しさに直面して結局お店を続けられなくなったというケースは珍しくありません。
パン屋の存続は、意外にも厳しいのです。
なぜなら、コンビニエンスストアーやスーパーなどでは安くておいしいパンを気軽に購入することが出来るからです。
コンビニエンスストアーやスーパーなどでは、味は落ちていないものの賞味期限が迫っているために半額で販売されていることもあります。
品質は落ちていないのに安いという商品を購入するお客さんが多いので、パン屋で高い商品を買う必要はないと考えるのです。
さらに、パンを作るためには小麦粉、バター、牛乳やほかの材料が必要ですが原材料は安定しておらず年々高騰しているので経営が難しくなっています。
かといって、そのたびにパンを価格を上げると、お客さんは減ってしまうでしょう。
開業する際にはこうしたことをあらかじめ知っておく必要があります。